- 次代へ語る。長田の技を、こころを、次代に残す。-
サステイナブル プロジェクト

長田建設は回船問屋としてはじまり建設業を興して90 年。この間“秋田の産業と暮らしの社会基盤づくり”に努めてきました。今、我が国の経済・産業構造は大きく変わり、地域社会のニーズも多様化、高度化し、建設業界を取り巻く環境もあらゆる価値観が問い直され、変革を求められています。そこで原点・土台、我々の先祖、諸先輩たちが築いてきた遺産をあらためて見つめ直すと、そこには“このふるさとに根を張りそこに生きる人々のために未来を歩む。これまでに培ってきた技術や知恵をさらに活かし高めて行く“という先人の教えがありました。弊社ではこの教えをしっかりと受継ぎ、「環境・再生」をキーワードとして自然豊かな“ふるさと”のために前進しなければならないと考えます。

そのためにはこの地域が永続的に続いて行くことと、地球規模で環境問題を考えて行くことの両方が必要となり、いかに関わって行くかを考えたうえでの行動を、「次代へ語る。長田の技術を、こころを、次代に残す」の言葉のもとに、「サステイナブルプロジェクト」と位置づけ複合的に活動を展開するプロジェクトに取組んでおります。




 当社では、秋田運送 ㈱様のご協力にて平成21年3月に自社 BDF製造プラントを当社敷地
内に完成させ、BDFを製造 しております。

BDFを使用している“ビッグベン”1990年車 植物性廃油から作られるリサイクル
燃料BDFは、燃焼によってCo2を排
出しても大気中のCo2総量が増えな
いカーボンニュートラル(BDF原料
の植物は成長過程で光合成により
Co2を吸収しているため、[Co2排出
量-光合成によるCo2吸収量=ゼロ]
となり、植物由来のCo2排出は、排
出としてカウントされない)であり、
従来の化石燃料と代替することで
Co2削減となります。

現在プラントにて製造したBDFは、
自社所有ディーゼル車5台に使用し
ております。

  今後、自社工事現場にてBDFを使用した重機やトラック等を使用し、工事単位でのCo2削減と廃食油のリサイクルを進めるなど、積極的に環境問題に取組むことにより地域社会に貢献
 したいと考えております。

❖写真の車はBDFを使用している車の1台、先代社長愛用の゛リムジン ビックベン”1990年車。


  ❖ 長田建設㈱Co2削減への取組み (PDFファイル)


   当社では、環境問題やCo2削減活動に賛同、ご協力いただいた飲食店・事業所・婦人会や
町内単位などにより収集された廃食油を引き取りに伺っております。
     (植物性油に限ります。賞味期限が切れた植物性油も可能です。)
また、BDF製造プラントの視察や、環境教育の一環としての見学等にもご利用いただけます。
どうぞ、お気軽にご連絡ください。 担当:総務部 成田


あきた菜の花ネットワークのホームページはこちらからどうぞ。







当社は、NPO法人あきた菜の花
ネットワークの活動に賛同し、会員と
なり活動を推進中です。
❖平成21年5月 第2回 秋田港 菜の花フェステバルF         当社にて、展望台を設置いたしました。
❖当社では、菜の花まつり会場の桃野地区のおそよ3haを菜の花畑に耕地しております。
(PDFファイル)



◆ BRONZE~道心~ 音を届ける 風の輪プロジェクト 2011.9.10~2014.10.13 ◆

弊社ではスタッフ移動車両、発電機及び運搬車両を提供。車両・発電機には、廃食油を自社にて製造したBDF燃料を使用し、5年間慰問演奏活動を支援いたしました。

 H23.9.10:岩手県大船渡市:アメリカ屋109  H23.10.1:宮城県東松島市コミュニティーセンター
 スタッフ輸送マイクロバス(BDF使用)  BDF使用発電機、BDF使用2tトラック

 *BRONZE公式HP http://www.bronze-dou-shin.com
*It's Osada! 被災地慰問ライブへの支援活動 / 支援活動の記録